眺めの良い場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年初めてのくじゅうは…。

<<   作成日時 : 2012/02/04 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

前回の山行からまたまた、間が空いてしまいましたが、そんなことより今年はまだくじゅうに行っていない!

で、寒波襲来ということもありやっとくじゅうに行ける事になったので、くじゅうに向かいながらも何処に登ろうか?と迷っていましたが、最終的に「大船山に登りたい。暮雨の滝が見たい。坊ガツルを歩きたい。誰も歩いていない雪の道を歩きたい!」
という事で、吉部→暮雨の滝→大戸越→北大船→大船山→坊ガツル→吉部 で歩く事にしました。

8時に吉部登山口に到着。
準備中はあまり寒さを感じなかったのですが、久しぶりの山行だったので普段より1枚多く着込みます。
で、8:38出発。
しかし、足元の寒さで何か無い事に気付く…。

スパッツ忘れてました(^^ゞ

直ぐに車に戻り、スパッツ装着後、再出発。8:48
画像


陽の当らない場所はまだ真っ白でした。
画像


トレースを辿りながら、暮雨の滝へ…。
画像


久しぶりに立ち寄った暮雨の滝。
画像


どうしてこんな氷が出来たんだろう?
画像

と思っていましたが、この場所に1番乗りをしたsumiさんの写真を見て納得しました!
早い時間帯は、滝壺の水位が高くなっていたようです。
たぶん、滝壺の下流側(流出部)が凍り、ダムのような役割をしていたのではないのだろうか?
で、温かくなると堰止めていた氷が融け水位が下がったようです。

そんな暮雨の滝をあとにし、滝の上流部へ移動。
雪が無ければ問題無く徒渉出来るのですが、岩の上に雪が乗っていて、どこが岩でどこが水の上だか分からない状態でした。
なので、安全に渡る為にアイゼンを装着。
でも、不安定なアイゼンは帰って危険なような・・・(・_・;)


無事渡り終えたので、ヴァージンスノーを楽しみながら大船林道へと向かいます。
画像


画像


でもって、大船林道に合流。
この頃には、青空も覗き始めていました。
画像


かなり魅力的な大船山4号集材路。
ここは誰も歩いていないみたいです。
でも、ここはまたいつか来る事にし、予定通り法華院山荘の駐車スペースの所から平治岳トラバースへと進む事にします。
画像


紅葉の時期もこの大船林道は好きなのですが、雪のあるこの季節も、飽きることなく歩けるお気に入りの道です♪
画像


三俣山を望みながら、平治岳トラバースルートへ取り付きました。
画像


トレースの無い登山道。
画像


途中、カメラバックにくっつけていた物を落としている事に気付き、ザックをデポし取りに戻る(^^ゞ
結局、大船林道まで戻ると、道の真ん中に落ちてました。
ザックの所まで戻り、大戸越に向かいます。
しかし、あまりに気持ち良い雪質(サラサラ)に、つい寝転がりたくなってしまい、実行!
寝転がったまま、行動食を食べたり、ウトウトしたり・・・。

1人だと、ついこんなことしてしまうので時間がかかってしまうのですが、これだと先に進めないので、先に進む事にします(笑)

斜面が凍り、ちょっと危険なトラバース。
ここはしっかり、キックステップで通過!
画像


先行者は鹿さんだけ。
画像


アセビのトンネルを抜けて、坊ガツルからのルートと合流しました。11:54
画像


この先は、先行者のトレースがあったので、休むことなく大戸越まで歩くことが出来ました。
画像


大戸越で昼食(ほぼ行動食)を摂り、北大船に向けて出発。12:39
思っていた通り、先行者は誰もいないようです。
画像


真っ白な北大船山の頭が少し見えていました。
画像


誰も歩いていないので、容赦なく雪が頭上から降ってきます(~_~;)
でも、フカフカの雪はあまり水分を含んでいないようで、背中に入ってもそこまで濡れることなく歩く事が出来ました。
画像


視界が開けてくると、九重連山がお目見え。
画像


歩くのが惜しいような・・・。
画像


以前、この場所が埋まりルートを見つけることが出来ないことがあったので、いつかはリベンジ!と思っているのですが…。
最近はそんな積雪量は望めなくなっています。
画像


急登を登り切り、大船山を望む。
画像


北大船山頂からの眺め。14:10
画像


段原からは積雪量も増しますが、トレースを辿りながらゆっくり大船山を目指しました。
画像


ようやく大船山に到着です。14:48
画像


少し霞がありますが、久しぶりの大船山からの眺めです。
画像


御池へと下ってみました。
この場所はとても寒く苦手なので、早々に山頂へと戻ります(~_~;)
画像


山頂へ戻ると行動食を口の中へ押し込んで、下山を開始します。15:18
時間も遅くなったこともあり、少し急いで下りたかったので、山頂から一旦下った所でアイゼンを取り外します。
アイゼンを付けたまま急ぐと危ないですからね。

段原からの眺め。
西側斜面の霧氷は落ちてしまっているようです。
画像


靴スキーを楽しんで、坊ガツルまで下って来ました。16;45
画像


炊事場で飲み水を補給。ヘッドライトの準備をしたあと下山を開始!16:55
画像

いつの間にか、大船山はガスの中。
画像


坊ガツルを出発し、吉部登山口を目指し少々急ぎ足でしたが、無事車の元へ帰って来ることが出しました。18:00

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
丸一日、雪のくじゅうを満喫できてよかったですね♪
踏み跡のない雪の上を歩けたなんて羨ましいです!!!

higeさんも私も滑らないように歩くばっかりですので、次回はぜひ自分から寝転んでみたいです(笑)
mamatias
2012/02/14 12:39
平治岳トラバースは歩いたことないです。魅力的なルートをいっぱいご存知のフェアビューさんに弟子入りしまーす!
GWはよろしくお願いします(^ ^)
takeppe
2012/02/14 18:13
mamatiasさん、こんばんは。
毎週山に行かれている、higetiasさんやmamatiasも僕から見ると、とても羨ましいです。
いつか近郊の山、連れて行って下さいね♪
久しぶりの山行だったので、しっかりくじゅうを満喫できるよう、長い時間歩けて人が居ないルートを選んでみました。
そのおかげで、踏み跡の無い場所を歩けたし、寝転んで心を休ませる事が出来たので、時にはこんな事も良いかな?です。
mamatiasさんも、次回にでもどうですか?
フェアビュー
2012/02/14 22:24
takeppeさん、こんばんは。
平治岳トラバースですが、木々の葉が落ちて見通しの良くなっているこの季節がお勧めです。
僕は、道オタク… なだけです(笑)
GWの件で、いつか打ち合わせしましょうね。
フェアビュー
2012/02/14 22:30
今年初めてのくじゅうは…。 眺めの良い場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる