眺めの良い場所

アクセスカウンタ

zoom RSS 平治岳へミヤマキリシマを観に行きました。(本篇)

<<   作成日時 : 2012/06/10 21:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに家族3人での山行です。
前日は、ヤフードームリレーマラソンで暑い中6キロ走った疲れがどれほどのものか心配ですが、でも6キロだから大丈夫だろう?との判断でくじゅうへ向かいます。
今回、男池からソババッケ経由で山行を計画していましたが、出遅れの為駐車場は満車な様子。
仕方なく、吉部に車を回し300円駐車場に停めようとしましたが、時既に遅く、入口に「満車」のロープが張られ入れません。
ここ(300円)に停めれないと他は超高い1000円駐車場しかありません。
でも、他には無いので「今日は子供もいるので特別だ!」と泣く泣く1000円駐車場に停めることにしました。

準備を済ませ、出発しました。8:11
前回古処山に行った際に、ストックを使っている他の登山者を見て、どう思ったか知りませんが、生意気に「ストックが欲しいの」と言い出したので、今回僕のストックを短くして渡してみました。
でも歩きだして、数分で「手が疲れた」と言い出し回収…(-_-)。
画像


他の登山者を従えて歩いています(笑)
画像


上手くバランスを取りながら歩きますが、先に進みません。
この辺りで背負子へと回収することにしました。
画像


大船林道に合流し、歩きたい!と騒ぎだしましたが、もうちょい背負子に乗せ、予定してる平治岳トラバース入口直前で下ろして、歩きやすい大船林道で気分を良くしてもらったところで、平治岳トラバース入口から背負子に乗せることにします。

平治岳北尾根ルート入り口付近でルート選択に迷われていた、長崎のクマさん?御夫妻と大戸越まで御一緒することになりました。
画像


平治岳トラバースはこの時期も緑が綺麗で気持ち良く歩けます♪
画像


この辺りで、背負子に乗せた娘は眠りにつき、静かになりました。
でも寝られると重く感じるし、頭が僕の首の所に来て暑い(熱い)のなんのって・・・(^_^;)
画像


坊ガツルからのルートと合流し、団体さんに混じりながら大戸越に到着です。11:00

直前に目を覚ました娘の一言。
「わ〜〜この山きれいね〜♪」
連れて来て良かったです(^^)v
画像


直ぐに、higetiasさん&mamatiasさん&エルちゃんを発見!
僕が吉部を出る情報を発信していたもんだから、長い間待っていてくれたようです。
遅くなって済みませんでしたm(__)m
(大勢の登山者で賑わっています)
画像


ここで、時間は早かったものの、お弁当を食べます。
娘はこれが楽しみなようで、
「早くお弁当食べよう」
としきりに言っていました。
1時間ほどの昼食タイムの後、平治岳に取り付きます。
しかし、またここで歩いて登る!と騒ぎだしたのですが、なんとかおやつ作戦で切り抜け、背負子に乗ってもらい出発しました。11:55
画像


画像


画像


山ガールに吸い寄せられるように、後に続きます(笑)
画像


みんな写真撮影に夢中ですが、今回僕はほぼ写真は諦めて、記録的なものに留めることにしました。
しばらく、我慢しないとだな!
画像


ロープのある岩場手前はお気に入りの場所です♪
画像


南峰に到着。12:26
どなたかは知りませんが、モデル付きです(笑)
画像


ここで、また長崎のクマさんと再会することが出来ました♪
(手を振ってくれています)
画像


大戸越を見下ろします。
画像


画像


画像


本峰方面を見ると・・・。
画像


少しガスが出てきたので、早く平治岳本峰に行きたかったのですが、ここでも「歩く!」と騒いだので、仕方なく歩かせることにしました。
画像


岩場だけは邪魔になってしょうがないので、抱っこして抱え上げ、段差をクリアー!
そして時間がかかりましたが、ようやく山頂に辿り着くことが出来ました。

山ガールの出迎えを受けながら到着です♪13:06
画像


山頂尾根のミヤマキリシマです♪
画像


画像


記念撮影♪
画像


記念撮影後山頂に戻る頃には14時近くになっており、このまま往路を戻ると駐車場到着は17時になりそうだったので、仕方なく少し危険のリスクや、ズルズルべチャべチャはあるけれど、時間短縮の為北尾根を下ることにします。

下り始めると、やはりズルズル滑りますが、ここは以外に水捌けが良く、コントロールできる範囲にしか滑りません。しかし、ここで昨日の疲れが出たのか足の踏ん張りが利かず、ゆっくりしか下ることが出来なくなってきました。
でも、奥様も久しぶりの登山で疲れているようで、丁度良かったみたいです。

ハシゴ場手前の超ズルズルは大変でしたが、ハシゴ場も無事クリアー。
しかし、ここからもズルズルで大変な思いをしながら進みますが、また「歩きたーい」と騒ぎだし、ついには
「もう山には来たくな〜い」
と一番恐れていた事を言い出したので、
「次は全部歩ける山に行くから、ちょっと我慢してね」
と言ってみると、
「そんな山あるの?」
「あるよ。だからちょっと我慢してね」
「うん」
これで、なんとか次もあるかな?です。
そんなやり取りの後、直ぐに大船山4号集材路に出たので、機嫌とりの為にしばらく歩かせます(^_^;)
画像

画像

画像

林道からバイパスルートへと入って行っても、まだ歩くのですが、流石に道が悪く自分も怖くなったのか、今度は素直に背負子に乗ってくれて、しばらくすると寝てました。

駐車場に到着する頃、目を覚ましましたが、寝てる間に足が痺れていたようで歩けません。
画像


車に戻る途中、駐車場の方にプリンを頂き機嫌が戻ったようです。16:10

画像

今日の山行で、背負子に乗せての山行はもう無理だと分かりました。
今後は、自分で全部歩ける山を選んで連れて行こうと思っていますが、どこが良いだろう?
どなたかお勧めありませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
フェアビューさん、こんばんは。
家族3人の素敵な思い出が、また1つ増えましたね♪
記事を読みながら、ハル〇ちゃんとフェアビューさんのやり取りを想像すると
とても面白く&微笑ましかったです(←大変な所も多々あったんでしょうが…)
そして、ハル〇ちゃんとT美さんの写真は、
どの山ガールよりも可愛くて素敵だなぁと思いました。

ハル〇ちゃんが全部1人で歩けるところ…
色々考えてみましたが、
霧島の池めぐりコース(白鳥山に登らないコース)は
いかがでしょう???
ニコ
2012/06/30 22:25
二コさん、こんばんは。
今回の山行、家族3人の想い出でもありますが、そろそろハル〇自身の思い出にもなり、またその沢山の想い出が記憶として残って行く年齢になって来たので、適当な事が出来なく(言えなく)なりつつあります(^_^;)

今後はる○の山ガール度をアップさせて行きたいのですが、帽子が無いんですよね。あの帽子のメーカーから子供用出してもらえると、良いんですけどね。
そのメーカーユーザーでもある、鹿児島県代表の山ガール二コさんと、大分県代表の山ガールK○○Yさんから頼んでもらえませんかね(笑)

霧島のお勧め、ありがとうございます。
池めぐりコースなら、ハチマキ必須の新旧ライバル対決が実現出来そうですね(謎笑)
楽しみだな〜♪
フェアビュー
2012/07/01 01:03
平治岳へミヤマキリシマを観に行きました。(本篇) 眺めの良い場所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる