白銀のくじゅうまでの道程は長かった・・・。

この冬初の本格的な寒波がやってきました!
上手い具合に週末の天気予報も雪マーク。
こんな天候では朝駆けなんかは無理そうなので、雪を楽しむつもりで自宅を朝の7時に出発です。
しかし、車に乗り込もうと外に出ると前日も積雪していたのですが更に雪の量が増えているようです。
道にも雪が積もっています。
ヤバイ…!
高速が通行止めかも?
画像



とりあえず、ICに向かいますが道路はアイスバーン状態でツルツルです。
僕の車はスタッドレス付きのなんちゃって四駆なのですが、普通にスタートするとホイルスピンして進みません。
ゆっくりアクセルを踏んで慎重に運転しないととっても怖い。
そんな状態で運転していると、遠くで赤いランプがたくさん見えます。
事故かな?
と思いちょっと野次馬根性で見に行ってみました。

見に行く途中の宝満川の土手の上からです。
画像


その現場に到着すると、やはり事故でした。
大型トラックと軽貨物の運送屋さんの事故みたいで、軽運送の車はグチャグチャでした
どうも、凍結した橋の上で滑ったみたいです。レスキューまで来ていました。
僕の車も同じようなタイプの車なので、気をつけて運転しないと。

最初から気を引き締めさせられる現場を見てしまい、くじゅうまでの道程はとってもゆっくり運転したのは言うまでもありません。

無事高速に乗ることができましたが、朝倉ICで下ろされる(ーー;)
料金250円・・・。
今日の山行は計画通りにはいかないみたいです。
高速を下ろされたあとは、アイスバーン状態の筑後川の土手の上を走っていましたが、対向車は真ん中を走ってくるし、端っこを走ると土手の下に滑って落っこちそうになるしで、怖いのでR386に出ましたが、これが失敗。
ブラックアイスバーンと化した国道の坂道では、車が立ち往生。
一台が止まると、全部の車が動かないみたいで大渋滞です。
このまま待っていても、何時に着くか分からないので、脇道に入り込み、なんとか渋滞から脱出。
しかし、また直ぐに渋滞が発生しており、なかなか進めません。

この写真轍の所は濡れているのではなく、凍っています。
いわゆる、冬で一番怖い路面。ブラックアイスバーンです。
画像

そんな状態の道も、日田市までやって来ると解消され飯田高原まで無事やって来れました。
しかし、順調にスノードライブを楽しんでいると道の上に出来た吹き溜まりにハンドルを取られ、危うく路外に飛んでいくところでした。
そういえば、去年はこの車で大した雪道を経験してなかったな~と思い出し、更に慎重に運転し長者原に到着。

ここでは、これから坊ガツルでテント泊される予定の、higetiasさん&mamatiasさんご夫妻が準備をされていたので、「坊ガツルは寒いですよ~」とちょっとだけ意地悪を言ってみたりしましたが、流石にベテラン登山家のhigetiasさん&mamatiasさんご夫妻は、現地での状況判断で法華院温泉山荘に宿泊されることも考えておられるようです。
そんなお二人とお別れし今日の山行計画を練り直します。
時間も遅くなっているし、大曲から三俣かな?
と考え、大曲Pへと向かいました。
大曲Pは積雪量が多いと除雪した雪で入り口が塞がれてしまうのですが、今日はまだそこまで無いようで、僕の車でも難なく入ることが出来ました。
良かった~。
画像


自宅を出て約3時間の道程でした。

山行編に続く・・・。