九州脊梁山地縦走(二本杉峠~国見岳) 2日目

風の音で何度も起こされながら、4:30起床。
まだ強風です。

そんな状態なので、早々に国見岳に登るのは諦め、天候悪化が予想される午後3時前に下山できる最短ルート(車道歩き)で、二本杉峠まで戻ることにしました。

予定変更により時間に余裕が出来たので、のんびりと朝食を食べます。
のんびりしていると珈琲も飲みたくなるわけで、行程変更で水にも余裕が出来たので残りの水を珈琲に回し、更にのんびり~♪
でも、あまりのんびりしているわけにもいかず、テントの撤収にかかります。

今日の夜明け。
画像


相変わらず強風が吹く中で、難儀しながらテントの撤収作業を進める。
周りの山を眺めながら作業をしていたのですが、どの山にもガスがかかる感じはなく、天気はしばらく持ちそうな感じです。
途中で天気が崩れても、車道にさえ出ていれば不安はないので、再度今日の予定を検討し直し、国見岳を目指すことにしました。
で、のんびりしすぎた為全く余裕が無い・・・(^^ゞ
登山口への分岐がある平家山に重たいザックをデポすることにし、昨日山頂で見た「国見岳まで1時間35分」を信じ、2時間ピッタリのタイムリミットを設けて歩くことにしました。


*変更後の今日(2日目)の予定
出発6:30平家山7:10~7:20→国見岳9:10~9:20→平家山10:40~10:50→平家山登山口11:50→車道歩き→二本杉峠15:30

いつもの如く準備が遅れ、出発したのは 6:46。
画像

昨日はとっても大変に感じた平家山への急登は、2日目で身体も山に慣れてきたことで、快調に歩くことが出来、前日より5分短縮の35分で平家山の山頂に到着 7:21。

ここからは、ザックをデポし軽量化作戦で登るので、カメラ(D90)もデポする事にしました。
なので、登山道から少し入りこんだ倒木の裏側にザック隠し(デポ)、コンデジと非常食、雨具等をサブザックに詰め込んで平家山を出発7:34。

まず最初に現れた大きな倒木。
ザックが軽いので難なく通過できるのですが、昨日の体力を奪われた状態でこの倒木を通過するのは大変だったろうな~?

画像


平家山から先は、今まで歩いて来た山とは雰囲気が変わり、広々とした樹林帯が続きます。
傾斜がなだらかで歩きやすい登路を歩くのですが、踏み跡も少なく空間が広いと迷いやすかったりするので、急ぎながらも気をつけて歩きました。
画像


木々の芽吹きはまだのようなので、バイケイソウが目立っていました。
画像


昨日から歩いていて初めてマンサクを見ることが出来ました。
ここから一旦、高度を下げる(ーー;)
(奥に国見岳が見えています)
画像


シカ発見!
画像


ドリーネ?だかよくわかりませんが、こんな窪地がいくつか見られました。
画像


苔むした倒木。
平家山から国見岳間は緑が多い時期にも来てみたいと思わせる、とっても雰囲気の良い場所が多くありました。
画像


8:45に広河原分岐を過ぎると、少し傾斜が厳しくなって来ましたが、それほどでもなくこのままの傾斜なら良いな~
なんて考えていると、シャクナゲの群落が現れ、あと500メートルの標識が現れました!
もう少し!
画像



画像


岩場も出てきたので、もう少しな感じです!
画像


祠が見えました。
さて、どこでしょう(笑)
画像


で、なんだかあっさりと到着。9:13
こんなに歩きやすく、なだらかな傾斜だと知っていれば、昨日の内にここまで辿りつくのは難しくなかったはず。
でも、こうして来れたので満足です♪
画像

先に山頂に居た方とおしゃべりした後、霞が強く良あまり見えない展望を楽しんで?下山する事に・・・。

たぶん五勇山方向?
画像


歩いて来た峰々。
初めての場所で、山の名前が分りません(^^ゞ
画像


戻る前に、今回の幕営予定地だった、「力水」を見に行くことにしました。
画像


水は出ていました。
やっぱり、昨日頑張ればよかった・・・。
画像


ここの幕営地とても寝心地が良さそう~♪
画像


力水のテン場を後にし、ザックをデポしている平家山に戻ることにしました。10:02
下山中に、水場を発見!(写真だと確認できませんが、水は出ていました)
画像

登って居る時にも気になっていたのですが、このMの文字。
これが水場のそばにあったので、きっとMIZUのMなんでしょう?
画像


ツヤツヤのバイケイソウ
画像


1時間13分で平家山に到着。11:15
ここまでで、約30分の遅れが出ているので平家山でパッキングをし直した後、即下山開始!11:32
下山を始めて直ぐは、スズタケが生い茂るトンネルを抜けて行くのですが、そのあとはきれいな杉の林を真直ぐに下りました。
画像


最後に橋を渡って平家山登山口まで下山しました。(12:33)
画像
画像


下山途中の登路を彩る、スミレです。
画像


画像


ここから20分ほど林道を歩くと、きれいな舗装路に出て、座り込み地図を見ながら休憩。
ここから、二本杉峠までのルートを確認し出発!13:00
あと、3時間・・・(+o+)

車道脇の野草を散策しながら歩きました。

コミヤマカタバミ
画像


シロバナネコノメソウ
画像


ブレブレですが、ラショウモンカズラです。
画像

他、色々ありましたが上手く撮影出来ず・・・(ーー;)

新緑がきれいだった、ワナバノ谷登山口付近。
画像


腰越に14:18到着。
ここで、再度ルート確認。
ハチケン谷登山口経由のルートを選択し、歩き始めました。
で、ポツポツと雨が・・・。
やはり降って来ました。
予想より早かったのですが、まだ本降りになりそうになかったので、そのまま歩くことにし、ハチケン谷登山口を通過して、直ぐに国道に出る。14:59

あとは一本道。
画像


一旦降り出した雨も、いつの間にか止んでいたのですが、やはり直ぐに降ってきて今度は本降りになりそうな雨です。
なので、急いで雨具を着込み先を急ぎます。
でも、ここからがすごく長く感じました。
途中途中に、二本杉峠まであと何キロ・・・とかの標識が出ていたので、余計に距離感を感じ、またアスファルトの上を歩いて来たので、足も痛いし・・・。

でも、少しずつ距離は短くなっていき、ようやく到着しました。16:08
画像


この2日間予定通りに歩くことは出来ませんでしたが、でも登りたかった国見岳の山頂に立つことも出来たし、車道歩きではあったものの無事、自力で戻って来れたので大満足です♪
でも、あと1時間行動を早くしていれば雨に遭わずに済んだのに・・・。
やはり縦走時は、早めの行動が肝心なようです。

2日間停めさせてもらった茶屋でお土産を購入し、温泉「佐俣の湯で」で汗を流し帰路に着く。
しかし帰りの高速は、毎度おなじみになってきた、高速の自然渋滞。
これで、余計に疲れが増しましたが、なんとか無事帰宅する事が出来ました。

さて、1年後のことではありますが、来年はどうしようかな~ 
です。