リニューアルした平治岳に登って来ました。

前日、仕事帰りに野暮用を済ませ映画館へ・・・。
レイトショーで「岳」を観て来ました~♪
楽しみにしていた映画でしたが、ハッキリ言ってキャストミス!
小栗旬ではなく、マスターを使うべきだと思うんだけどな~?
そう思う人、きっと沢山いるはずです(笑)
山の映像は綺麗だっただけに、そんな所が残念でした(笑)。

映画が終わったのは、11時過ぎ。
ラーメン食べてトリヤス久山から帰宅したのは、午前0時30分。
それから、荷物を車に積み込んでくじゅうへと向かいました。
こんな時間なので、くじゅうまで辿りつかず、途中で仮眠。
外が明るくなり始めた、5時過ぎに目覚め再度くじゅうに向かいます。

途中コンビニにで朝食を調達し吉部登山口に到着。
今日は、午後から天候悪化(雷あり)の予報なので、午前中だけの山行を予定しています。
なので荷物は極力減らし6:58出発。

最初の急登を登りつめた所の木々の緑は、いつ見てもきれいです。

画像


日射しは少なく、輝くほどの緑ではなかったものの、それなりに新緑を楽しんで大船林道に合流。8:03
三俣山にはガスがかかっていました。
画像


そして、ここから一旦大船林道を下ります。
ここ(↓の写真)を右に入って、大戸越へのショートカットコースを歩きました。
画像


このルートを通ると気になる場所。
なぜか、土が流され木の根が露出しているんですよね~?
画像


少し進むと、こんな感じに変わります。
画像

この辺り鹿が多いから、森が荒れているのかな?
なんて考えていると、大戸越手前で鹿が走り抜けて行きました!

途中で見かけた、タチシオデ?です。(くじゅうの花博士HEROさんに教えてもらいました)
画像


ノリウツギが切られ、広くなった大戸越。9:08
広くなったというか、元々この広さだったのかも?
画像


ノリウツギが切られ、スッキリしたおかげでクサボケの花がきれいに見えるようになっています。
画像


大戸越のミヤマキリシマ。
蕾はふっくら膨らみ、直ぐにでも開花しそうな感じです。
画像


画像


既に開花した花もチラホラです。
画像


イワカガミとも出会えました。
画像


青空も望めるようになり、直ぐに天候が悪化する事はなさそうなので、ここからはのんびり景色を眺めながら南峰を登り上がります。
画像


ここのルート上のノリウツギもバッサリ切られ、風景が一変している場所があります。
山が崩れなければいいのですが・・・(ーー;)
画像


ここがピンクに変わるのももう直ぐです。
この辺りの蕾も、大戸越付近ほどではないもののずいぶん膨らんでいました。
あと10日~2週間後からかな?
画像

画像

画像

南峰から山頂に歩いていると、ここもノリウツギがバッサリ、スッキリです。
画像


山頂に着く直前、ようこそ九重連山への永松さんとバッタリ。
今日も短パン姿がカッコいい永松さんと、情報交換をした後お別れし、山頂へ!
平治岳山頂に9:54到着。
ここも、山頂の広場が広がり、視界が広がっています。
オッ!男池のおいちゃんがカモを焼いている姿が見えました(笑)←ウソ
でも、望遠があれば見えそうな感じです。
画像


男池付近がハッキリ見えています。
画像

山頂付近のミヤマキリシマは、まだまだ先な感じです。
あと3週間?
画像


山頂のハエの大群と戦いながら、どこを下るか考える。
で、道が変わっている南峰から大戸越間も気になりましたが、早めに下山したいので、北側の最短ルートで下山する事にしました。

山頂直下の、シャクナゲです。
今が1番良い時でした♪
画像


平治の尾に咲くハルリンドウ♪
画像


途中にある梯子場の落石対策を少しやってみましたが、ここの梯子を登り降りする時は上からの落石に注意して下さい。
ロープのあるドロドロ急登に人がいると、そこから石が落ちて来ます。
実際、頭に落ちてきたのを見たことがあるし、自分も今回落としてしまいました。

こんなことを書いているのに、また写真を撮り忘れている(^^ゞ
ここからは、新緑がキレイで先に進みませんでした。
画像

大船山4号集材路の新緑です。
あまりにきれいだったので、ここに座り込み珈琲タイム♪
画像


ずっと緑に溶け込んでおきたいところでしたが、いつ天気が崩れるか分らないので後ろ髪をひかれながら、下山する事にしました。
途中で見かけたギンラン。
ブレブレです(ーー;)
画像


そして、のんびり歩き13:26下山しました。

このあと男池で食事をし、少しだけ寝ることにして今宵に備えます。
結局あまり寝ることは出来ずに、今宵の宿きづなに向かいました。

今回の、例会でお世話になった皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。
また、幹事をして下さったオアシスさん、お疲れ様でしたと共にありがとうございました。