山の想い出 その3

くじゅうのネタが無いので、”想い出”で凌ぐことにします(^^ゞ
画像

この写真、たぶん昭和45年だと思われます。
変な帽子をかぶっているのが母親で、隣が姉。

この思い出の写真は、僕の想い出というより家族のかな?
この時僕はまだ生まれていませんでした。
ただ話しによると、僕はこの時母親のお腹の中にいたかもしれません。

で、ここは長者原。
今とは全然違いますね。
三俣山の山肌も、今と違い綺麗な状態です。
昔を思い出す写真でもありますが、やはり最近の気象は異常なんだな~
と感じさせられる写真でもありました。